【手汗はどっち?】局所性多汗症と全身性多汗症

MENU

多汗症の種類

多汗症には大きく分けると、局所性多汗症と全身性多汗症があります。

 

局所性多汗症

手汗や足の裏、腋汗など体の一部に、または複数に大量の汗をかく症状です。

 

運動して大量に汗をかくのは、ただの汗っかきなので気にする必要はないですが、特に激しい運動をしたわけでもないのに、手のひらや顔面に大量の汗をかくようであれば、局所性多汗症かもしれません。

 

原因は正確には解明されていませんが、精神的なものや食生活などが関係しているという説もあります。

全身性多汗症

全身に大量の汗をかく症状です。生まれつきではなく、後天的になられた場合は体のSOSのサインかもしれませんので、市販されている薬を使用せずに一度病院で調べてみてもらうことをおすすめします。

 

こちらもはっきりとした原因は解明されていません。心療内科などで診察を受けるとストレスや食生活の改善を求められることが多いみたいです。

手掌多汗症

いわゆる手汗がひどい人のことです。
そして局所性多汗症で悩まれている人の中で一番多いのが、手汗なようです。

 

私の周りに手汗で悩んでいる人はいませんでしたが、ネットで手汗の事を調べてみると手汗で悩んでいる人が多くてびっくりしたのと、私だけではなく多くの人が悩んでいるんだと、一人じゃないという気持ちになりました。

 

ネットで見つけた同士たち(私が勝手に仲間にした・・・笑)が、情報交換してるサイトをよく見ていると「ファリネ」という手汗用の制汗剤が効果があるという事を知りました。

 

いくら同士とはいえ、ネットの情報をどこまで信用していいのか迷いましたが、返金保証があると書いてあったし、最悪騙されても数千円ですむのならと購入しました!

 

 

↓↓↓私が「ファリネ」を使用した効果や感想をレビューしていますので、よかったらご覧ください↓↓↓

手汗,局所性多汗症,全身性多汗症,ファリネ